カテゴリ:動物園一般( 19 )

リガからやってきたシベリアオオヤマネコを展示しています
(以下、サイトより)
神戸市の姉妹都市であるラトビア共和国リガ動物園から、シベリアオオヤマネコのオスとメスが贈呈されました。
2頭は昨年12月に来園しましたが、どちらも警戒心が強く、新たな環境に慣れるよう練習を重ねてきました。
オスの方は比較的穏やかな性格で、展示が可能となりましたのでお知らせいたします。
メスの方はまだ人前では落ち着かない様子を見せているため、引き続き練習中です。

なお、2頭の名前はアル(オス)、ベル(メス)と決まりました。
※ユーゲントシュティール(アール・ヌーボー)建築で有名なリガのアルベルタ通りにちなんで名づけました。


More
by Patrick_Harper | 2017-06-25 09:17 | 動物園一般

キリン生誕記録

キリンの死亡が相次いでいるような気がするので、情報収集中です(このリストは作成中です)
【更新】
●アミメキリン誕生@アドベンを追加しました。

More
by Patrick_Harper | 2017-06-13 07:53 | 動物園一般

a0052986_11582797.jpg

(2015年4月撮影)
●シュウ(雄)
​2​0​1​0​年​8​月 生まれ

More
by Patrick_Harper | 2017-03-27 23:58 | 動物園一般

ミンミンちゃんとソラくんの間に、どんどん双子が生まれ、あっという間に大所帯になりました。

a0052986_22125517.jpg

一男五女レッサー大家族@とくしま動物園公式サイト

【更新履歴】みたらしの移動を追加しました。

More
by Patrick_Harper | 2016-04-20 10:05 | 動物園一般

台北市立動物園のサイトを観てると、次々とオランの赤ちゃんが登場します。
混乱してきたので問い合わせしてみました。

a0052986_11364442.jpg

(2014年12月撮影)
この子はLily(雌)
2012年4月11日生まれ。
母親はXiao Yi。

More
by Patrick_Harper | 2016-03-16 11:52 | 動物園一般

a0052986_11384364.jpg

(2015年5月撮影)
●キリシロウ(雄)
2001年4月18日生まれ
桐生が岡出身(母キサラギ父サクタロウ)
2002年10月25日来園

a0052986_11391821.jpg

(2015年5月撮影)(妊娠中です)
●アジジ(雌)
2010年1月17日生まれ
ライオンカントリーサファリ(フロリダ)出身

a0052986_11394524.jpg

(2015年6月撮影)
●メンディ(雄)
2015年5月30日生まれ
父:キリシロウ
母:アジジ
ア​ミ​メ​キ​リ​ン​の​赤​ち​ゃ​ん​が​誕​生​し​ま​し​た​!
本​日​よ​り​一​般​公​開​を​開​始​し​ま​し​た​!
ア​ミ​メ​キ​リ​ン​の​赤​ち​ゃ​ん​が​生​後​1​ヶ​月​を​迎​え​ま​し​た​!

*生年月日などの資料は、キリンブログGiraffe blog様の情報をお借りしました*


a0052986_22574045.jpg

(2017年2月撮影)(右がまち、真ん中がしずく)
●しずく、まち
ア​ミ​メ​キ​リ​ン​2​頭​が​仲​間​入​り​!​7​月​2​6​日​(​火​)​よ​り​公​開
まち 2​0​1​4​年アメリカの動物園生まれ、
しずく ​2​0​1​5​年​ア​メ​リ​カ​の​動​物​園生​ま​れ
2​0​1​6​年​7​月​8​日来園

ア​ミ​メ​キ​リ​ン​の​赤​ち​ゃ​ん​が​誕​生​し​ま​し​た​!
2017年6月6日生まれ
父:キリシロウ
母:アジジ

<追記>
キリシロウのお母さん、キサラギが2015年12月16日に亡くなりました。
(以下NHK公式サイトより)
国内の動物園で飼育されているアミメキリンとしては最高齢の24歳9か月だった、群馬県桐生市の動物園のメスのキリンが出産に伴う衰弱で16日死にました。

桐生市の「桐生が岡動物園」によりますと、アミメキリンのメスの「キサラギ」は、15日出産が始まりましたが、翌日になっても出産できず、子どもは死にました。
その後、動物園の職員がおなかから子どもを引き出しましたが、直後に「キサラギ」も倒れてしまったということです。
「キサラギ」はそのまま立ち上がることはできず、きのう午後1時半ごろ死にました。
動物園では出産にともなう衰弱が原因と見ています。
「キサラギ」は、平成3年に宇都宮動物園で生まれ、平成5年に「桐生が岡動物園」にやってきました。
動物園によりますと「キサラギ」は、国内で飼育されているアミメキリンとしては最高齢の24歳9か月だったということです。
「キサラギ」は、これまでに10頭の子どもを産んでいて、8番目のメスの「キリカ」だけが、現在も桐生が岡動物園に残っています。
桐生が岡動物園の木嶋幹浩園長は「子供もたくさん産み長寿で愛されていただけに惜しまれます。『キリカ』も母親と同様に長生きしてほしい」と話しています。

by Patrick_Harper | 2015-06-30 11:40 | 動物園一般