ローマ・コン&イタリア旅行2010年春第1日目@

帰国してはや1ヶ月以上。
忘れないうちに、旅行記に取り掛かりますっ
a0052986_023875.gif


日程:
3/31~4/6 ローマ
4/6~4/8 フィレンツェ
4/8~4/10 ベネツィア
4/10~4/13 ミラノ



まずはローマへ。せっかくイタリアに行くので、関西空港から出ているアリタリア航空を利用しようと思ったのですが、料金が比較的高いのとキャンセル不可なのと座席指定ができないのとでイヤになって断念。
何で値段が高いねん・・・。

代替案はアムステルダム経由のKLMかヘルシンキ経由のフィンランド航空。
帰国時の朝がゆったりしているという理由で、フィンランド航空にしました。

フライトの2時間前には空港についていたはずなのに、なぜか、時間が無い・・。
チェックインカウンターも出国ゲートもさして混んでなかったのに、ナゼでしょう。
免税店が新たに増えていたのに、全く覗いてみる時間がなかったのは残念でした。

さて、飛行機の中は結構混んでます。
春休みシーズンですもんね。
一緒に出かけたMさんとはチケットの取り方が違って、席がばらばらでした。
(私は通路側、という指定しかできなかった)

私の隣はスウェーデンの方。京都で学会があって、スピーカーとして呼ばれたので、初めて日本に来た、という話をしてました。Uppsala大学の教授とのことでしたが、まだ若いようす。
Uppsala大学って有名な大学なのですが、すごいですね。

さて、イタリア、ローマでどこを観光するのか、事前に調べる余裕が全くありませんでした。
なのでMさんの空いている隣の席にしばし移動し、相談。
ガイドブックによれば、復活祭直後の月曜日は、バチカン市国のいろいろなところはお休みのようです。
なら、コンが始まる前日に行かなくては、もうチャンスがありません。
どこへ行こうか相談していると、あっという間にヘルシンキへ到着しました。
9時間のフライトで着くので、やっぱり早く感じます。

ヘルシンキの空港は雨が降ってます。寒そうーー。

ここでローマ行きに乗り換えるのですが、まずはセキュリティチェック。
次いでEUへの入国審査です。
荷物はスルーなので、ローマ行きのゲートへまずは行ってみました。

まずは、と思ったのですが、意外にも乗り換え時間が少なく(2時間を切ってた)、ゲートを見つけた、と思ったら搭乗がすぐ、始まりました。

もうちょっとゆっくり、したかったのですが。

ゲートを探して歩いているとき、ワインバーも見つけたし、パブもあったし・・・。
一杯飲みたかったのにーーー。

こうしてローマ行きに乗り込んだのでした。

ローマ行きの飛行機はそんなに大きくなく、Mさんとは偶然、1列ずれた通路をはさんだ席。
飛行機の中ではトマト味のペンネとパンの軽い夕食が出ました。

ローマに到着し、出てくるスーツケースを探します。
普通は到着便と荷物が出てくる場所は分かりやすく表示されているハズなのですが、ローマではそういうわけではなく、ちょっと探しました。

荷物は問題なく出てきたので、さて、エアポートヒルトンへ行きましょう。
コンの会場&ローマでの我々の滞在場所です。

出口付近にシャトルバスがあるだとうと、空港出口付近に行ってみるも、全く見当たらず。
ずっと奥のほうまで行って、それでも見当たらないので引き返してみました。

途中にあったインフォメーションでホテルどっち?と聞くと上の階に行ったらサインが出てる、と教えられました。
上の階から降りてきたのですが、戻ります。

上の階に来ても、ヒルトンはこっち、という標識が・・・途中でなくなってます。
あれ?ここちゃうの???
もう一度警備員のような人に聞きます。
もう1階上の階に行って、あっち、と教えてくれました。

そんなとこにヒルトンへの標識なんて・・・ありました。
ヒルトンのマークが「H」なので、私たち、それは「ホテル」のマークだと思ってたんです!
ヒルトンのマークなんて、知らんがな・・・(ヒルトン、と一言書いておいてくれれば)。


その「H」マークに導かれ、ずんずん、通路を歩いていきます。
ほんとうは歩く歩道があるのですが、故障率高し(笑)。
半分くらい、止まってたかなぁ・・・。

駐車場を横目に、どんどん歩きます。そしてどんどん、人影が無くなっていきます。
ほんとにこっちであってるのかしら・・・と不安になりました。

いよいよ行き止まりが見えてきたときには通路も暗く寂しく、ほんとにこっち?と思ってものの、一応エレベーターで下へ降りてみると、見えました、ヒルトンホテル!

いやーーーー遠いわ。きっとどこかにシャトルバスがあったはず。
見逃したか・・・。

と思いながらチェックイン。
チェックイン時に対応してくれたお兄さんに「ここ、空港から遠かったわ、シャトルバスあるよね?」とMさん、聞いてくれました。

お兄さん、「無いですよ。歩いてすぐですから」

私たち「えええーーー」(あれをすぐ、というのか!!!)

さて部屋に荷物を放り込んだあと、晩御飯しに出かけました。
といっても時間も遅いですし、遠出はできないので、空港に逆戻りです(笑)。

さきほど不安な気持ちであるいた通路を逆に歩き、空港へ。

ローマの空港は国際空港のはずですが・・・・あんまり大きくなかったので、食べるとこといってもフードコートのようなとこぐらい。

a0052986_03690.jpg

ピザ1切れと赤ワインのボトル

a0052986_031717.jpg

生ハムと白いチーズ(あっさりしてました)

これを2人でつついて食べました。コーヒーでも、とフードコート内にあったカフェに行ってカプチーノを購入しますと。

a0052986_032749.jpg


プラスチックのカップに入れられました。
えーーーカプチーノマシーンの上にカップやソーサーが載ってるのにぃ。
なんで使いすてカップなん?しかもプラスチックって?!
とちょっと文句を言う(うそ、身振り手振り)と、カフェのお姉さん、
「もう閉まるから、カップとソーサーを使いたくないの(洗うのが面倒らしい)」と
返事しました。

なんて自己都合な。。。

そんな晩御飯も食べ終わり、ホテルへ戻ります。部屋でインターネットにつなぎたいMさん。
つなぎ方をホテルのフロントで質問してみますが、フロントのお兄ちゃんが教えてくれたことと、部屋に戻って見つけたインターネットのつなぎ方の説明と、食い違ってます。

あれ?

部屋にあった説明が正解でした(笑)。

ええかげんなフロントのお兄ちゃん・・・・チェックインしてくれたお兄ちゃんで、さすがはイタリア、ちょっと顔、かわいいやん、と一瞬でも思ったのですが、評価急降下(笑)。

長旅の疲れと、イタリアンな対応に少々疲れた我々、12時ごろには眠りについたのでした。

第2日目に続く
by Patrick_Harper | 2010-05-17 23:13 | Travel2010: IT