2018年5月 成都大熊猫繁殖研究基地 その0 成都への旅

GW後半、短い期間ですが、初めて成都基地へ行ってきました。
中国への旅自体、初めてで、色々なことがありました。



まず、航空券ですが、ANAの成田⇔成都を利用しました。
私は関西からだったので、関西⇔羽田、羽田⇔成田(陸路)も含みます。
初めての羽田ー成田間の移動、またGWの東京での移動ということで、不安がいっぱい。
乗り継ぎには5時間くらいとりました。
(ANAのおすすめは2.5時間)
これなら絶対、乗り遅れないだろう!という移動時間です。

関西は関空から出発しました。
私にとって、関空から国内線を使うのは初めてです。
セキュリティは特に混雑しておらず、スムーズに飛行機に乗り込みました。
ただ、飛び立つ際に滑走路が混雑していたそうで、離陸が少し遅れました。
GWだからかな?

羽田で荷物を受け取ります。
羽田から成田への移動手段は色々ありますが、出てきてすぐ目に入ったリムジンバスを選びました

バスは沢山でてるようで、すぐ乗れました。
13:05発のに乗って、14:25に成田へ着きました。
道路(ほとんど高速?)は渋滞してない様子でした。
運賃は3100円です。
リムジンバスは満席でした。

成都への飛行機は17:25発。
ものすごく早く着いたので、チェックインを早めに済まして身軽になり、お茶して待ってました。
GW後半の初日でしたが、長いお休みをとる方も多いのか、空港は特別混雑しているようには見えませんでした。

成都への飛行機へはバスで移動でした。
飛行機は2+3+2の座席構成で、そんなに大きくないですね。
毎日飛んでるからかもしれませんが。
夕食が出て、あとはモニターで映画を楽しみました。
行きはファンタスティックビースト、
帰りはドリームを見ました。

中国は日本と1時間の時差があります。
予定通り、22:20(現地時間)に成都へ到着しました。

入国審査の列がものすごく長く、進行がとても遅くて、ぐったりしました。
法律が変わって、外国人は入国の際に指紋登録と顔写真を撮られます。
その操作に時間がかかりました。

あ、ANAは飛行機内で入国カードを配ってくれます。
入国審査の際には、提出が必要です。

次に荷物を受け取ります。

そして、次は税関申告。
ここでは、荷物すべてをX線検査機みたいなところに通します。
手荷物もスーツケースも全部。
役人は見てるだけなので、自分でベルトコンベヤーの上において、
出てきたのを引き取ります。
普通は問題ないので、それで手続き終了です。

色々時間がかかったようで、空港の外に出たら23:30になっていました。

空港に着くのがとても遅いので、
初日は空港ホテルにしました。
次の朝、成都基地近くのホテルへ移動します。

で、空港ホテルですが、シャトルバスの乗り場がさっぱり見当たりません。
空港の周りは人がいっぱいいて、落ち着きません。
ホテルは近くのはずなので、歩いていけるだろうと予想してたのですが、
ホテルがそもそも見当たらない。。。。

とりあえず、空港から離れる方向にかなり歩いてみると、ホテルらしきものが見えました。
あれかな?airport hotelというネオンサインが見えました。
きっと、あれだ!

と思って道路を渡ろうとしても、横断歩道はあるのに
ガードレールで歩道をがっちりガードしてて、渡れません。
どうやらタクシーの待機列に割り込みされないように、ガードしているみたいですが、、、

目の前にホテルがあるのに~
暗いし道が広いので、他に渡れそうなところも見当たりません。
ということで、ガードレールを乗り越え、無理やり渡ってみました。

で、歩道を歩いてホテルが目の前、というところまでくると、バイクに乗ったおじさんが近づいてきて、なにやら話しかけてきます。あなた、誰???

中国語で何やら、ご自分のバイクの後部座席を指さしてて、乗れ、と言っているようですが、
ホテルは目の前だし、訳わかんないおじさんの相手をしている時間はない(すでに眠い)ので、
無視して、道を渡ってホテルへ入っていきました。

ホテルはhotel.comで予約しました。
予約時に受け取ったメールのプリントアウトを差し出し、こちらのホテルであってる?
と聞いてみたら
違ってました。

私が予約したのは成都空港エアポートエクスプレスホテル(成都空港商务酒店)で、
たどり着いたホテルは、成都エアポートホテル(成都空港大酒店)でした。

ええ~どうしよう、と思っていると、受付のおねえさん、私が予約したホテルへ電話してくれ、シャトルバスを呼んでくれました。ありがとう、おねえさん!

ロビーでバスを待っていると、小柄なご夫婦がニコニコしながら私のほうに近づいてきました。
旅行鞄に買い物した箱?らしきものを持っているのですが、何を話しかけられているのかは
分からず。。。

で、シャトルバスが来たよ、とホテルの人が私を呼びにきたとき、
そのご夫婦も立ち上がりました。
どうやら、私のようにホテルを間違えたようです。
中国人でも間違えるのか!

で、やっと予約したホテルにチェックイン。
ここは先に部屋代を払いました。

その際、次の朝早くのタクシーをお願いしました。
朝、直接成都基地へ行くか、一度ホテルへ寄るか迷ったのですが、ホテルへ寄ることにしました。
ホテルは空港ホテルのはずですが、受付であまり英語が通じず
(私が言うことは分かってくれてた)
ホテルスタッフは翻訳ソフトを使って、私と中国語→日本語で会話しました。

空港から成都基地まで40分くらいかかると聞いていたので、朝6時半にタクシーをお願いし、
やっと部屋に入りました。

a0052986_23364481.jpg

ホテルは最初間違えたとこと比べると、ぐんとビジネスホテルっぽいと思ったのですが、
部屋へ入って、広さにびっくりしました。

a0052986_23381556.jpg

シャワールーム

1時すぎにやっと寝れました。

次の朝は5:30に起きました。
朝食付きでしたが、さすがにタクシーの時間があるので、朝食はパス。

空港ホテルから成都基地近くのホテルクラウンプラザ成都基地へ移動しました。
タクシー代は120元(ホテルで予約した際に、そう言われた)、7:10にホテルに着きました。

a0052986_23451946.jpg

ホテルのエントランス

a0052986_23453956.jpg

回転ドアにパンダが

a0052986_23461553.jpg

エントランスから外を見たとこ

a0052986_23464799.jpg

ホテルロビー

ここのホテルもhotel.comで予約しました。
チェックインカウンターで予約のプリントアウト見せても
微妙な顔しているので、パスポートを渡して、予約を見つけてもらいました。
荷物だけでも預かってもらえれば、と思ってましたが、部屋に入っていいよ、と言われたので、
キー(カードキー)を貰いました。

a0052986_042548.jpg

部屋は普通のはずですが、えらくゴージャス

a0052986_05430.jpg

バスタブが巨大

a0052986_055228.jpg

食料品店
滞在中、なんどか飲み物や食べ物を購入しにいきました。
ホテルを出て、坂を下っていったあたりにあります。

さて、部屋にスーツケースを置いて、またチェックインカウンターに戻りました。
基地へのタクシーをお願いします。
帰りのシャトルバス(ホテルのサービス)も併せてお願いします。
タクシーは手配してもらうときに30元だよ、と言われます。
来てくれたタクシーはメーターは使わず、私は30元を支払いました。

さあ、いよいよ、成都基地に到着しました!

PowerShot G7 X

その1へつづく
by Patrick_Harper | 2018-06-12 18:00 | Travel 2018: CN